<button id="wauga"><xmp id="wauga">
  • PROJECTS

    PROJECT LIST

    PUBLICATION
    REM(レム)
    2012.12.21 update

    REM

    • 四六判ハード/定価1,785円(稅込)

    夢が、怖い。奇想が暴発する!新感覚“潛脳”サスペンス

    株式會社comcept 弐藤水流 光文社

    グローバルにヒットゲームを生み出してきた稲船敬二と鈴木光司、
    平山夢明が絶賛した『リビドヲ』でデビューした奇才?弐藤水流が強力なタッグを組んで生み出した新感覚エンターテイメント長編の登場です。 幅広いエンターテイメントで活躍する稲船敬二が長年
    溫めてきた獨創的なコンセプト、それを弐藤水流が小説的な手法で解釈?構築することで、本作品は生み出されました。この物語の
    キーワードとなるのが“潛脳”! 猟奇殺人を犯した人の潛在意識に
    潛ったとき、奇想に彩られた、これまで體験したことのない世界が待っています。さらに“虐待”、それによる“トラウマ”という社會問題を題材にしながらも、一方で、若者たちの “戀愛”や“人生への迷い”といった心の機微を繊細に描き、きっと誰もが共感し、心に
    殘る作品となっています。稲船敬二にとっての初めての小説となる本作品、まさに二人の著者にとって、渾身の一作です!

    【內容紹介】
    精神科醫の伯父と暮らす少年、亮介。彼には眠っている人間の深層意識に入る「潛脳」という特殊能力があった。そして同じ能力を持つ雙子の姉妹がいた。3人には共通したある「過去」があった。
    東京?多摩地區で殘酷で奇怪な 連続殺人事件が発生。容疑者は犯行時の記憶がなく、睡眠中に誰かに操られた主張、逮捕時も眠るたびにうなされ、暴れるという。亮介は精神科醫の依頼で、容疑者の夢に「潛脳」することになる。驚愕の展開の中で、迎える結末とは…
    犯人の「脳」で何が起こっているのか?

    単行本および電子書籍にて好評発売中

    電子書籍版の詳細はこちら

    PROJECT LIST

    • BACK
    • NEXT
    japonensis18日本护土高潮